クリスタルドライカーペットバイオシールドシステム|バイオプロテクトシステム90(株式会社シンエイコーポレーション)

バイオプロテクトシステム90
株式会社シンエイコーポレーション

既存カーペット

タイトル

メイン

特許出願中

当社の「クリスタルドライカーペットクリーニングシステム」 「バイオプロテクトシステム90」の抗菌システムを組み合わせ、既設のカーペットを抗菌加工する 「クリスタルドライ カーペットバイオシールドシステム」(商標登録出願済み)
が誕生しました!

同工法は、既設カーペットをそのままに、短時間の施工にて抗菌加工を加えることが可能となります。
既設の敷き込みカーペットを取り外すことなく、しかも半日〜1日程度の短時間にて抗菌加工することを
可能【特許出願済み】とするもので、カーペットの公的試験機関にて抗菌性能、洗濯性能等の試験を繰り
返し各種カーペットにおいて抗菌加工施工後の抗菌性能のみならず、定期的なクリーニング作業において
も抗菌性能を一定の水準で維持できることを確認できました。このコロナ禍の中、皆様にもう一つの安心
安全を提供できるようになりました。

施工ATP

特徴

1.ナノテクにより開発された抗菌剤(主剤:第四級アンモニウム塩オルガノシラン化合物)
2.幅広い抗菌効果(MRSA等の薬剤耐性菌を発生させない)
3.EPA(米国保護庁)登録の安全性
4.長期に渡る抗菌性能の持続(公的試験機関によるテスト結果)
5.既設のカーペットに短時間で抗菌加工が可能(特許出願中)
6.汚水の発生が無く、環境負荷の少ないカーペットドライクリーニングシステム
7.ATPチェッカーによる数値管理

施工

初回施工の工程
STEP.1                             
施工前には指定した基準点のATP数を測定記録します。                           






ATPチェック1

STEP.2                              
事前のプレバキューミングを行います。                                    






バキューム

STEP.3                                 
クリスタルドライの溶液を散布します。                                 






溶液入れ

STEP.4                                 
GLSマシーンにてブラッシングを行います。              






   

GLS1

STEP.5                                            
乾燥後全体をバキュームし、中間値のATP数を測定記録します。          






   

ATP拭き取り

STEP.6                                  
GLSのスプレーを使い、 バイオプロテクト5000Cを                                
スプレーします。
                                                      





  

GLS2

STEP.7                               
20〜30分の乾燥時間をとります。                                    


STEP.8                                  
乾燥後全体をバキュームして施工完了です。                              

乾燥

STEP.9                                
1〜24時間後に基準点のATP数を測定し記録します。                        




ATP記入

ATPチェック2

pict
クリスタルドライカーペットクリーニング
環境にやさしく、完成度の高いトータルシステムです。

結晶化

ドライ方式のシステムなので、ウエット式のような大量の汚水を排出することが無く環境に与える負荷を大幅に低減できます。
またほぼ中性(PH7)のクリスタルドライ希釈液は、カーペットの風合いを損なう心配がほとんどありません。VOC(揮発性有機化合物)は含まれておりませんので、安心してカーペットクリーニングに使用できます。

     詳しくはこちら
pict

メカニズム

バイオプロテクト5000Cを素材表面にスプレーすると、オルガノシラン化合物の働きにより素材に固着いたします。乾燥後は素材表面に微細なトゲ状のスパイク層を形成していきます。
イメージ的には、このスパイク層がウイルスや細菌をまるで刃物で刺すような働きによって破壊させます。
そのため薬剤耐性菌(MRSA)が発生する事がありません。

スパイク

持続性

バイオプロテクト5000Cの最大の特徴は、抗菌効果の持続性能にあります。繊維製品は薬剤が生地に浸み込み、乾燥後は薬剤が強固に固着いたします。衣料品、カーテンなどは長期間抗菌性能が低下することはありません。多孔質の素材製品も繊維製品と同様で長期間抗菌性能が持続いたします。表面が平滑な金属製品、ガラス製品などは使用情況にもよりますが約90日以上の効果が期待できます。

抗菌性

バイオプロテクト5000Cの除菌、抗菌性能は大変幅広く、各種ウィルス、細菌類又、悪臭やカビの原因と
なる真菌類、麹菌にも効果があります。

安全性

バイオプロテクト5000Cの主成分、第4級アンモニウム塩オルガノシラン化合物は、EPA(米国環境保護庁)登録を受けた安全な薬剤です。このバイオプロテクト5000Cは、全米で10年以上の施工実績がありますが、施工作業員、施設の管理者、施設の利用者などに問題の出たことはありません。他の有機系、無機系の抗菌剤と比べても安全と言われています。

汎用性

バイオプロテクト5000Cは素材にダメージを与える漂白成分等は含んでいません。それによりウールを含む
繊維製品、木工製品、石材、塗装した製品、ドアノブなどの金属製品、ビニール製の壁紙、プラスチック製
品、陶器製品、ホーロー製品など様々な素材に施工することができます。

拭き取り検査

ATPとはアデノシン三リン酸Adenosine triphosphateの略語です。すべての生物のエネルーギー源になっている物質です。ATPが検出されるところは動物、植物、細菌等の生命維持活動の証拠になります。そこから発生する様々な物質にもATPを検出することができます。
ATPのふき取り検査は水道水で濡らした綿棒がとらえたATPを試薬と反応して発光させ、その発光量を数値化しています。数値の値が高いほど汚れが多いいと判断できます。
(キッコーマンバイオケミファ社製)
  • カーペットふき取り
  • 試薬攪拌
  • カーペットATP
ATPふき取り検査を実施します。
ATPふき取り検査用試薬をよく振ります。
ATP検査用試薬剤をホルダーに差し込とATP数値を確認できます。

OPTION

既設カーペットの抗菌加工と同時に、室内全体の抗菌加工も可能です。
カーペットも含め、室内全体を同時に抗菌加工ができます。
また、ご希望によりカーペットの公的試験機関による抗菌性能試験も可能です。
  • ポリプロピレン
  • ナイロン
  • 大腸菌

PageTop