バイオプロテクトDPについて|バイオプロテクトシステム90(株式会社シンエイコーポレーション)

バイオプロテクトシステム90
株式会社シンエイコーポレーション
バイオプロテクトDPについて

バイオプロテクトDPの特徴

バイオプロテクトDP

1.ナノテクにより開発された抗菌剤  
 主剤:第4級アンモニウム塩オルガノシラン化合物
2.幅広い殺菌・抗菌効果 3.高い安全性(米国EPA認定)
4.高い汎用性(どんな素材でも使用可能)
5.長期にわたる持続性  
(繊維製品は洗濯しても効果が落ちません)
6.スーパーバグを育成しない  
(MRSA等の薬剤耐性菌を発生させない)

バイオプロテクトDPの殺菌・抗菌性は大変に広く、ノロウィルス(ネコカリシウィルス)鳥インフルエンザを含む各種のウィルス、サルモネラ菌、MRSA、O−157などの細菌、麹カビ等の悪臭のもととなる各種の真菌等に効果があります。

ノロウィルスにも効力を有する殺菌、抗菌剤
構造模式図

アメリカにおいてナノテクノロジーによって開発されたこの薬品はオルガノシラン化合物(第4級アンモニウムシリコン化合物)を主剤とする、殺菌、抗菌薬剤であります。主剤となるオルガノシラン化合物の抗菌特性はおよそ30年以前の米国ダウコーニング社の特許により明らかとなっており、又一方でオルガノシランがカップリング剤(バインダー)として無機材料と有機材料を結合するのに有効であること、種々の材料の表面に加工可能でありかつ有益であることも、すでに周知されていました。
バイオプロテクトDPは日本においても平成10年に出願された特許(米国特許:5954869)による、水−安定性を持つこのオルガノシラン化合物を主剤とした画期的な殺菌、抗菌薬剤であります。

このページの先頭に戻る