汎用性|バイオプロテクトシステム90(株式会社シンエイコーポレーション)

バイオプロテクトシステム90
株式会社シンエイコーポレーション
汎用性

バイオプロテクトDPの汎用性は非常に広く、有機系溶剤、漂白成分を含みません。ウールを含むすべての繊維製品、ドアノブ等の金属製品、ペンキなどのぬられた製品、ビニール壁紙を含むプラスチック製品、石材、便器等のホーロー製品などに加工できます。

対象となる素材

◆繊維製品

リネン類、カーテン、制服、カーペット等。繊維製品は構造自体が立体的であるため、摩擦等により、スパイクが摩耗しにくく長期にわたり効果が期待できます。また、多くの抗菌剤は繊維を傷めたり、特に天然繊維、染料を変質させ変色等を引き起こす可能性があります。しかしバイオプロテクトDPにはその心配はありません。

繊維製品

◆大理石、御影石等

洗面台、テーブル、床材、壁材等。天然石のほとんどは表面が多孔質であるため長期にわたる効果が期待できます。人造石の場合には表面が多孔質なものとそうでないものとがあるので、効果に差がある場合もあります。

大理石、御影石等

◆プラスチック製品
床材、ビニール壁紙、電話機、スイッチ類などのプラスチック製品は多孔質ではないために、強い摩擦によりスパイク層が摩耗するため、効果は約90日間程度になる場合もあるので注意が必要です。

◆金属製品

金属手摺り、ドアの取っ手などの金属製品は、プラスチック製品と同様で効果は約90日間程度になります。

金属製品

◆ペンキ塗装の製品
多くの抗菌剤製品には、有機溶剤を多量に使っている製品もあります。ペンキ等で塗装した製品には細心の注意が必要ですが、バイオプロテクトDPは水で希釈し、有機溶剤を含まないためペンキ塗装の製品にも安心して使うことができます。

◆木製品

家具、調度品、手すり等。木材も表面が多孔質なので長期にわたり効果が期待できます。

木製品
◆注意事項
多くの素材に問題なく使用できます。しかし念のため使用前に目立たない部分を選び少量のバイオプロテクトDPで変色、変質等がないか確認してください。

このページの先頭に戻る