公共交通機関|バイオプロテクトシステム90(株式会社シンエイコーポレーション)

バイオプロテクトシステム90
株式会社シンエイコーポレーション
公共交通機関

公共交通機関で?

・一日にどれぐらいの方が?
・利用される方の中には、感染症の心配のある方も?
・乗務される方への影響は?
・お客様の嘔吐物でノロウィルスの心配は?
・従業員の方は年間どのぐらい病欠されますか?
・嘔吐物の処理に使った薬品でカーペットの色が?
・室内のいやなにおいは?
電車
飛行機

どんな細菌、ウィルス、微生物が?

カビ菌…悪臭、黒ずみ、変色の原因
大腸菌、サルモネラ菌…食中毒の原因
その他の細菌ウィルス…各種感染症の原因、インフルエンザ、ノロウィルス

では、どこから感染するのでしょう?

では、どこから感染するのでしょう?

・手すり、つり革
・ドアハンドル
・座席、肘掛、背もたれ
・券売機
・各種コントローラースイッチ
・窓

どれぐらいの速さで汚染は広がるの?

アリゾナ大学の調査によると
80人の働くオフィス入口のドアノブに調査の為に付着させた無害な、ウィルスは4時間後には、オフィス内の皆が触るものの約40%から。又、オフィス内の約半数の人の手からその細菌が検出された。なお、平均的な成人は、1時間に約16回,指を口や鼻、眼に持っていくとのこと。

2014年10月2日ヤフーニュース

感染方法は

・空気感染 (閉鎖空間では特に)
・接触 (手から手へ)
・媒介物を介して (汚染された器物)

Bio Protect DP

■ナノテクにより開発された殺菌性能を持つ抗菌剤
 主剤:第4級アンモニウム塩、オルガノシラン化合物
■幅広い殺菌、抗菌効果
■高い安全性
■高い汎用性(どんな素材でも)
■長期にわたる持続性 90日以上
 洗濯によっても効果が落ちることがない
■スーパーバグを育成しない

■素材表面に強固にバインド
■素材表面に微細なスパイクを形成
■スパイクは物理的電気的に細菌、微生物を破壊
■効果はスパイクがなくなるまで持続

素材表面に微細なスパイクを形成

このページの先頭に戻る